道頓堀の風情

ラアロマはヨーロッパ風の建物で異国感漂うが、ホテルを一歩出るとそこは道頓堀。ギャップが凄い。

とは言え、日本の街並みの中に外国風な建物があるのは普通なので、別に珍しいことではないが。

ラウロマを出てすぐ行けば、道頓堀に到着する。道頓堀とはいえ戎橋周辺だけではなく、道頓堀川沿いならばどこでも道頓堀のエリアになる。

休日になれば観光客でごった返し、外国人も行き交っている。戎橋には稀にテレビ取材があったり。道頓堀はすっかり大阪の名所である。当然、美味しい食べ物もいっぱい。たこ焼き屋はあちらこちらにあるし、今は閉店したがくいだおれ人形がいる食堂も。かに道楽のカニは動くし、ドンキホーテには観覧車が。(現在はメンテナンスで動いていないらしいが)

最近ではH&MやForever21などのファッションショップも出てきて、年齢問わずに様々な人が訪れるようになってきた。活性化している。

ラアロマは、そういった人達を迎え入れるホテルと言っても過言ではないだろう。騒がしかったエリアから、一気にヨーロッパの落ち着いた空間へと様変わり。きっと疲れも吹き飛ぶかもしれない。

ビジネスマンや観光客の憩いの場として。ラアロマはおすすめするホテルである。メンバーになってしまえばお財布にも優しいし。そして、道頓堀の風情を楽しめたら、言うまでもない。