ビジネスホテルとしてのラアロマ

ビジネスホテルは基本的に、ビジネスマンが泊まるためのホテルという風に考えたらいいだろう。ビジネスマンに出張はつきもので、日帰りで済ませられるものではない。そうなると、必然的にホテルに泊まらなくてはいけなくなる。

そこでリーガロイヤルとか、阪急ホテルといったお高いシティホテルに泊まると経費がかさむわけだし、仕事を終えてすぐに休んで朝早く起きなきゃいけないビジネスマンにとって、シティホテルのルームサービスは別に必要ない。

だからビジネスホテルは基本的に素泊まりがメインとなっている。勿論夕食や朝食をつけるビジネスホテルだってあるわけだが、つけない分料金を割安にしてくれるビジネスホテルだってある。

前置きをしておいて、話をラアロマに戻す。ラアロマは道頓堀にあるわけだが、戎橋より少し遠い。堺筋よりもう少し向こうなので、御堂筋からも離れている。つまり道頓堀の端っこになる。周辺はそこまで飲食店が蔓延っていなくて、道頓堀の中で特に閑静なエリアだといえる。

仕事疲れのビジネスマンを泊める場所としては最適ではないだろうか。堺筋線の近くだから車の走る音が気になるかも知れないが、そこまで壁の薄いホテルというわけでもない。

道頓堀で食事をした後、歩いてラアロマに行けるのも魅力的である。心斎橋からも歩いていける距離だし、悪い立地ではない。